森林、土地、農業(FLAG)部門 – その概要および企業が排出量の測定と管理を始める方法

FLAG(森林、土地、農業)部門とは

森林、土地、農業(FLAG)部門は、排出量を削減し、炭素を隔離することにより、気候変動に対処する上で重要な役割を果たしています。FLAGは、気候変動の悪影響を最も受けやすい部門の1つであるだけでなく、重大な排出源でもあります。世界の温室効果ガス(GHG)排出量のほぼ4分の1を占めており、トップのエネルギー部門に次ぐ排出部門となっています。これには、森林管理、農業、土地利用の変更など、さまざまな活動が含まれ、これらはすべて世界のGHG排出量に大きな影響を与えます。したがって、FLAG部門で事業を行う企業は、低炭素経済への移行に向けて、気候変動を効果的にターゲットにするために、排出量を測定および管理する必要があります。

 

What-Does-the-Forestry-Land-Use-and-Agriculture-FLAG-Sector-Cover

 

FLAG部門の排出量の測定と管理において企業が直面する課題

FLAG部門の多くの企業にとって、温室効果ガス排出量の測定・管理はさまざまな要因から困難なものとなっています。とりわけ、企業が適切なリソースやツールを持たない場合、炭素の測定・管理プロセスは複雑で時間がかかり、信頼性に欠ける可能性があります。これは特に、企業のバリューチェーン全体から発生する上流と下流の間接的な排出量を指すスコープ3の排出量に当てはまります。ここでは、FLAG部門が排出量の測定と報告において直面する主な課題を紹介します。

  1. データのギャップ: GHGプロトコルによれば、企業は業界平均、代替値、およびその他のソースを使用して、排出量を計算します。ただし、これによりデータが不正確になり、測定値も不正確になる可能性があり、企業がベースラインを確立することが困難になります。FLAG部門には、気候関連リスクの価格を効率的に評価し、グリーンウォッシングを回避するために必要な、包括的で比較可能なデータが不足しています。IMFによると、このデータ不足がエネルギーと環境移行に深刻な障害をもたらしており、FLAG業界は低炭素代替手段に移行する必要があります。これには、測定、管理、緩和に多額の新規投資が必要になります。

  2. 排出量の測定と管理にかかる高額なコスト: UNFCCCは、農業企業が直面する可能性のあるいくつかの財政的障壁を特定しました。これには、高い取引コスト、競争力への懸念、場合によっては、排出量と削減量の測定と監視にかかる比較的高額なコストに対応するための投資資本が利用できないことが含まれます。

  3. 規制と国際協力の欠如:UNFCCCはまた、マクロ経済、農業、環境に関連する非気候政策が、気候政策よりも農業緩和に大きな影響を与えていると指摘しました。FLAG部門におけるGHG排出量を削減するには、革新的な技術の導入や促進などの他の取り組みと並行して、政策立案者や企業の世界的な協力が必要となります。

  4. 報告フォーマットの標準化の欠如:排出量の報告に一貫性を持たせるために、GRIスタンダードやISSBなどのいくつかの報告ガイドラインが整備されていますが、持続可能性のパフォーマンスを測定および報告するための共通のフォーマットはまだありません。また、企業がスコープ3排出量を測定、報告するために使用するさまざまな方法論や指標があり、それぞれに固有の長所と短所があります。

  5. 排出量管理のためのリソースと能力が限られている:排出量の測定は、特に複数の製品とバリューチェーンを持つ大規模なFLAGコングロマリットにとって、費用と時間がかかる作業です。一部の企業にはこれを実践するためのリソースや能力がない場合があり、また、正確なデータを可視化するために供給パートナーと効果的に連携できない企業もあります。

 

FLAG企業が排出量削減目標を設定する方法

FLAG部門に向けた広範なガイドラインを作成した科学的根拠に基づく目標設定イニシアティブ(SBTi)によれば、FLAG目標の設定を検討している企業は、次の手順を考慮する必要があります。

  • 科学的根拠に基づくFLAGの短期目標を設定する:温暖化を1.5に抑えるための510年間の排出量削減目標。

  • 科学的根拠に基づくFLAGの短期目標における土地ベースの除去を考慮する:GHGの土地ベースの除去には、森林管理慣行の改善や、作業地の土壌炭素隔離の強化などが含まれます。FLAG経路が炭素除去にどのように対処するかについて詳しくは、こちらをご覧ください。

  • 科学的根拠に基づくFLAGの長期目標を設定する:SBTiFLAG目標を設定することで、FLAG部門の企業は2050年までに排出量を少なくとも72%削減します。したがって、SBTiネットゼロ基準を使用して、科学的根拠に基づくFLAGの長期目標を設定する必要があります。

  • 2025年までに目標を設定し、森林破壊を行わないというコミットメントを確立する:アカウンタビリティフレームワークイニシアティブ(AFi)に沿ったもの。このガイダンスが土地利用変化排出量をどのように算定するかについて詳しくは、こちらをご覧ください。

  • 化石燃料の排出量について、科学的根拠に基づく目標を設定する:すべての企業が化石燃料の排出を行っているため、土地ベースの排出を行っている企業は、科学的根拠に基づくFLAGの目標と科学的根拠に基づく目標の両方を設定する必要があります。

 

FLAGの目標はエネルギーと産業の目標に追加される

SBTiによると、次の2つの条件をいずれかでも満たす企業は、他の排出量の目標とは別にFLAG固有の目標を設定する必要があります。

  1. 以下のSBTi指定部門の企業:森林・紙製品(林業、木材、パルプ・紙)、食品生産(農業生産)、食品生産(畜産)、食品・飲料加工、食品・主要食品小売、タバコ。

  2. スコープ123全体の排出量の合計が20%を超えるFLAG関連の排出量を有するその他の部門の企業。20%のしきい値は、純排出量ではなく総排出量として考慮される必要があります。純排出量は、総排出量から除去量を差し引いたものと定義されます。

追加のFLAG目標を設定する場合、企業は以下を考慮する必要があります。

  • 企業が排出削減量を測定する基準年を設定します。
  • FLAG目標を設定する際、企業は土地ベースの排出量(つまり、土地利用の変更と土地管理)と除去量を個別に計算して報告できるようにする必要があります。
  • ココアバターなどの加工製品の場合、企業は製品の原料となる一次産品の排出量を追跡することが推奨されます。
  • 企業はまた、自社が関与している事業とその地理的位置に応じて、FLAG目標を設定するための適切な経路(つまり、分野別、商品別のアプローチ)を選択する必要があります。
FLAG-targets-are-additional-to-Energy-and-Industry-targets

 

TerrascopeがFLAG部門を支援する方法

How-Terrascope-Supports-Your-FLAG-Journey

 

投資家や消費者は、気候に関する目標と計画、そしてパリ協定で概説された持続可能性の枠組みとどのように調和するかについて、より厳しい目を持つようになってきています。GHG排出量を効果的に測定、管理、緩和することで、企業は自社の持続可能性戦略を、気候変動と闘うために必要な国および世界の持続可能性目標と整合させることができます。これにより、気候関連のリスクや規制の変更に対してビジネスを強化することもできます。

TerrascopeのSaaS炭素測定および管理プラットフォームは、FLAG企業が排出量を理解し、削減するのに役立ちます。このプラットフォームの機械学習機能により、(手動プロセスと比較して)より高速なデータ取り込みとデータ粒度の向上が可能になり、その両方が企業内だけでなく地球全体に有意義で持続可能な変化を生み出すのに役立ちます。Terrascopeは以下の方法で、FLAG部門およびFLAG目標を持つ企業を支援できます。

  • Terrascopeのプラットフォームは、LUCおよび非LUCの排出量、および範囲外の排出量だけでなく、生物起源および非生物起源に関連する排出量を考慮して分離できます。
  • このプラットフォームは、炭素除去量(tCO2e)を可視化し、分離できます。
  • Terrascopeは、企業がFLAGと非FLAGの排出比率に基づいてFLAG目標を設定する必要があるかどうかを特定できるだけでなく、企業がFLAGと非FLAGの目標を設定する(つまり、FLAGと非FLAGの排出量を個別に計算する)ことも支援できます。
  • 企業がFLAG排出量の計算において適切なアプローチ(つまり、部門または商品アプローチ)を選択する際のガイドとなるだけでなく、目標の報告と検証に向けた定量的な数値も提供します。

 

Terrascopeにできること

Terrascopeプラットフォームは機械学習を活用して、企業のデータの同化と分析を支援すると同時に、関連する排出係数を使用してデータのギャップを埋めます。FLAG部門だけでなく他の部門の企業も、Terrascopeと協力して土地集約型活動を考慮し、スコープ1、2、3の排出量全体でFLAG発生源からの排出量のしきい値20%を超えているかどうかを特定できます。これは、科学的根拠に基づくFLAGの追加の目標を個別に設定する必要があるかどうかを評価するのに役立ちます。

このプラットフォームは削減シナリオのシミュレーションも可能で、企業がFLAG目標を設定するための適切な経路を特定するのに役立ちます。このプラットフォームは、土地ベースの排出量(つまり、土地利用の変更と土地管理の実践)と、FLAG目標設定境界内(つまり、ゆりかごから農場の門または庭まで)の除去量を考慮します。加工製品の場合、Terrascopeは、これらの加工製品を構成する原材料が何であるかをマッピングできます。それに応じて、同等の土地ベースの排出量と除去量を考慮します。

Back to Blog

Request demo