脱炭素化に向けて
お客様と共に歩む

Terrascopeは、飲食やコンシューマー業界のバリューチェーンに関する専門知識を備えた脱炭素化プラットフォームです。

Scope 1、2はもちろん、Scope 3に取り組む企業が、自社の事業とサプライチェーン、そして企業・製品ポートフォリオの排出量を包括的に測定・削減することを支援しています。

Terrascopeは、また、国内の政府主導の地球温暖化対策推進法や省エネ法はもとより、近年重視されるFLAG SBTiやTCFDなどの国際的な民間イニシアティブにも取り組んでおり、日本企業のグローバル化を促進する世界有数の脱炭素化支援企業です。

お問い合わせ
terrascope_banner_icon
CDP_logo_
arata_top
tadashi_top

シームレスな

企業データ管理

Terrascopeは、高度なデータ処理手法により、シームレスなデータ取り込みをサポートします。多様なデータ形式への対応、そして手動の方法より5倍速い処理を実現します。

よりスマートな

測定と削減計画

TerrascopeはAIを活用したEFマッチング、ホットスポット分析、脱炭素化の推奨事項、サプライヤーとの連携により、排出量データと洞察に対する信頼性を高めます。

気候変動に関する

深い専門知識

Terrascopeは、特定のセクター、バリューチェーン、脱炭素化への道筋に合わせて、中核となるエンドツーエンドのプラットフォームとカスタマイズされた製品機能およびサービスを提供します。

企業および製品の

フットプリント

Terrascopeは、正確な企業カーボンフットプリント(CCF)とスコープ3排出量に焦点を当て、堅牢な製品カーボンフットプリント(PCF)を組み合わせて、単一のプラットフォームで全体を通した排出量を測定します。

Scope3の把握はなぜ必要か? 〜 脱炭素経営を実現するTerrascopeとは

Scope 3の把握が求められる中、どこから始めればいいか、どのように始めればいいかは大きな課題となっています。Terrascopeのコンサルティングとプラットフォームにより、より的確なScope 3の把握をできるところから始めることが可能です。当日はスペシャリストからGHG排出の昨今の業界動向、そしてビジネスマネージャーからTerrascopeの脱炭素化プラットフォームの特徴をデモや事例を交えてご紹介させていただきます。

【プログラム】
★    GHG排出に関する昨今の業界の動き(TCFD、ISSB、SBT、FLAG、他)
★    Scope 3の課題と解決の糸口
★    Terrascopeプラットフォームの可能性・事例
★    質疑応答

【ご注意事項】
※ ご参加は無料です。
※ 会社のメールアドレスにてご登録をお願いいたします。 

michael-eggerl-REy_bjC0Lcw-unsplash

排出量の計算、目標、脱炭素化計画に対する監視の強化

 

スコープ3排出量に対する

規制の強化

世界中で、欧州連合などの管轄区域は企業に気候関連情報の開示を義務付けています。米国、シンガポール、オーストラリアなど、ますます多くの国が同様の要件に向けて移行しているため、企業はスコープ3の排出量を測定し、報告する必要があります。

スコープ3を

正確に測定できない

すべてのカーボンフットプリントが同じ品質であるとは限りません。現在、企業の90%は炭素排出量を包括的に測定できておらず、40%はスコープ3の活動を管理するための設備が整っていません。詳細なデータが欠如していると不確実性が増大し、レピュテーションリスクが生じ、影響力のある脱炭素化イニシアチブを特定することが困難になります。

出典: BCG - 2022年炭素排出量調査報告書

進まない脱炭素化目標の達成

スコープ3の削減目標を設定する企業が増えているにもかかわらず、その実施は依然として効果的ではありません。限られた社内スキル、時間のかかるデータ収集、手動プロセス、曖昧な戦略、組織のサイロ化のすべてが脱炭素化の進展を妨げています。

出典:企業におけるスコープ3アジェンダの台頭 - Verdantixレポート2023

食品、飲料、農業のバリューチェーンにおける脱炭素化の専門知識

農業のバリューチェーンには、さまざまな脱炭素化の課題を抱えた幅広い産業が含まれています。土地管理、作物栽培、畜産から食料調達、加工、製造、小売までに携わる企業は、科学に基づく目標イニシアチブ(SBTi)に基づいて、専用の森林・土地・農業(FLAG)排出量削減目標を設定することが義務付けられています。このような目標は、FLAG排出量が自社のフットプリントの20%以上を占める場合、他の分野の企業にも適用されるため、繊維、高級品、不動産、接客業などの企業に影響を与える可能性があります。

Terrascope(テラスコープ)には、生産者から小売業者、一次加工業者や貿易業者、製造業者、物流業者に至るまで、農業バリューチェーン全体にわたって大規模な多国籍企業と協力した豊富な経験があります。当社のカスタマイズされた製品提供により、企業はFLAG排出量と非FLAG排出量を正確に測定し、目標を設定し、強力な削減計画を策定することができます。
Agri collage (horizontal slices) 2 (1)

Terrascope は、

エンタープライズグレードの

炭素排出量の測定・削減・管理

SaaSプラットフォームです

 

Terrascope(テラスコープ)は、データサイエンス、機械学習、および分野別の専門知識を組み合わせて、正確な排出量測定を提供し、効果的な排出量削減を後押しします。排出量削減のビジネスケースには説得力があり、組織の37%が年間1億米ドルを超える利益を期待し、50%が評判の向上、運用コストの削減、評価の向上を重要な利点として挙げています。

出典:BCG - 2023年炭素排出量調査報告書

 

data_manage

データの管理

セクター固有のデータテンプレートを活用するか、独自の形式でデータを送信すると、Terrascopeが自律的に情報を取り込んで処理し、データプロファイルを構築し、不足している部分を埋めます。

measure_emission

排出量の測定

排出量フットプリントを包括的かつ詳細に把握し、ホットスポットを分析して排出要因を掘り下げ、サプライヤーの関与とデータ収集の取り組みにおいて重点を置く領域を特定します。

plan_reduction

削減の計画

Terrascopeのダイナミックな「what-if」シミュレーションを使用すると見通しを立てられます。特定の行動がバリューチェーン、排出量目標、ネットゼロ気候戦略に及ぼす影響を調査および比較できます。

implementation

実施

長期および中間目標に対する削減の取り組みの進捗状況をモニタリングし、共有ダッシュボードビューで協力体制を強化し、シームレスな統合によって報告作業を簡素化します。

認定

the_climate_pledge
cdp_gold_accredited_provider_2023

誰にとっても住みやすい地球を守るため、企業を支援します

気候変動の影響を逆転させることは、世界最大の課題の1つであり、企業が主導権を握る必要があります。世界がネットゼロに到達するために必要なすべての排出量削減の80%以上は、ビジネスレベルの行動が必要です。具体的には、食品や農業、消費財、小売、製造、輸送、建設などのセクターにわたる複雑なサプライチェーンに存在する排出量のロングテールを削減することを意味します。

ビジネスリーダーたちは、どのようにしてそこにたどり着くのか本当にはわかっていません。排出量測定を正しく行うための最初のステップは、それ自体が大きな課題なのです。また、すでに排出量を測定している企業にとって、信頼性の低い排出量データは、効果的な脱炭素化とサプライヤー参画を実施する上での障壁となっています。
agricultural_chain

Pokka

Terrascopeにより、ポッカは炭素排出量単位を把握し、カーボンフットプリントを削減する機会を特定できるようになりました。得られた洞察により、ポッカは将来に向けてより適切に準備された、より強靭なサプライチェーンを構築できるようになりました。

MSK_logo

三菱食品は、財務情報だけでなく非財務情報を積極的に開示している。非財務情報の一つとして、Scope3の把握は早期に取り組むべき重要なテーマであった。「Terrascope」の機能により、膨大なデータの分類・計測を行うことができた。

MCAA_svg

三菱商事アグリアライアンスは、Terrascopeを使用して、排出量ホットスポットを特定し、スコープ3排出量の包括的なベースラインを構築することができました。これは、最適化が必要なサプライチェーンの部分を特定して再評価することで、サプライチェーンの将来性を確保するのに役立ちました。

よくある質問

  • スコープ3排出量とは何ですか?


    スコープ3排出量とは、企業のバリューチェーンによって生成される間接的な排出量を指します。GHGプロトコルでは、スコープ3排出量に含まれる上流および下流の活動の15のカテゴリーが特定されています。このカテゴリーの排出量は、一般的な企業の排出量の約75%、金融サービス企業ではほぼ100%を占めています。規制当局、投資家、消費者がネットゼロ経済に向けて推進する中で、すべてのスコープ、特にスコープ3で排出量を削減することには大きなメリットがあります。

  • Terrascopeの炭素管理プロセスとは何ですか?


    Terrascopeは、以下に焦点を当てた4つのフェーズで炭素管理にアプローチします。

    1. データ管理:手動の方法よりも5倍速く排出量データを迅速に取り込みます。

    2. 測定:サプライヤーのデータがない場合でも、正確な排出量ベースラインを作成し、データのギャップを埋め、92%の精度でデータを検証します。

    3. 削減:排出ホットスポットの特定、削減経路のシミュレーション、目標の設定、ネットゼロ戦略の開発を行います。 

    4. 実装:進捗状況のモニタリングを支援し、共有ダッシュボードを通じて社内コラボレーションを強化し、シームレスな統合を通じて報告作業を簡素化します。

  • 企業にとって炭素測定が重要なのはなぜですか?


    炭素測定と炭素削減は、企業にとって次の点で役立ちます。

    1. 環境への責任:炭素測定により、企業は環境への影響を定量化して理解できるようになり、脱炭素化の取り組みを推進できます。

    2. コンプライアンスと報告:炭素測定により法規制へのコンプライアンスが確保され、罰金や罰則が回避されます。

    3. 評判と利害関係者の関与: 炭素測定により、企業は評判を高め、利害関係者との関係を強化できます。 

    4. サプライチェーン管理:Terrascopeは、企業がサプライチェーンの活動を分析し、サプライヤーと協力して事業全体にわたる炭素削減を推進できるよう支援します。

  • Terrascopeの炭素管理プラットフォームを選ぶメリットは何ですか?


    Terrascopeは、正確で使いやすい炭素測定プラットフォームを求める企業にとって最適な選択肢です。

    1. 正確さと精密さ:Terrascopeの機械学習機能により、正確な炭素測定が保証されます。

    2. 使いやすさ:Terrascopeの直感的なインターフェイスにより、あらゆる規模の企業が排出量の測定と管理を簡単かつシームレスに行うことができます。

    3. データの統合と拡張性:Terrascopeは手動のデータ入力を排除し、計算を5倍高速化し、増大するデータ量と持続可能性のニーズに合わせて拡張することができます。

  • 炭素管理の影響とは何ですか?


    再生可能エネルギーの導入、エネルギー効率の最適化、カーボンオフセットなどの炭素管理のベストプラクティスと戦略を採用することで、組織はカーボンフットプリントを最小限に抑えることができます。これは、温室効果ガスの排出量の削減、大気の質の改善、天然資源の保護などの環境上の利点をもたらすと同時に、気候変動と戦うための世界的な取り組みにも貢献します。

  • 炭素会計とは何ですか?


    炭素会計とは、特定の事業体や活動から生成または軽減される温室効果ガス排出量を定量化し、追跡するプロセスのことです。企業や政府が二酸化炭素排出量を測定し、排出源を特定し、環境への影響を評価するのに役立ちます。ただし、炭素会計はまだ初期段階にあり、Terrascopeのような専門ソフトウェアは、スコープ1、スコープ2、およびスコープ3のデータを収集、報告、管理することにより炭素会計を促進する上で重要な役割を果たすことになります。

  • 炭素会計の未来はどのようなものですか?


    気候変動に対する意識が高まるにつれ、正確かつ包括的な炭素会計の実践に対する需要が高まるでしょう。Terrascopeのような脱炭素化プラットフォームは、データ収集の精度と効率を向上させます。炭素会計をビジネス戦略に統合することは、持続可能性を促進し、イノベーションを推進する標準的な手法となる可能性があります。世界的かつ協力的な取り組みは標準化された枠組みにつながり、炭素会計が気候変動との戦いにおいて極めて重要なツールとなるでしょう。

  • 炭素効率係数とは何ですか?


    炭素効率係数とは、排出量を最小限に抑えながら、プロセスまたはテクノロジーが炭素資源をどの程度効果的に利用しているかを評価するために使用される尺度を指します。炭素効率係数が高いほど、環境に優しい活動が行われていることを示し、カーボンフットプリントが削減されます。この要素を評価し改善することは、気候変動を緩和し、持続可能な開発を促進する上で重要な役割を果たします。

お探しの情報が見つからない場合は、こちらのブログをご覧ください

terrascope_white_logo

排出量開示および削減ロードマップの信頼性を高める

お問い合わせ