TerrascopeがThe Climate Pledgeに参加、2040年までに二酸化炭素排出量ネットゼロを目指す

シンガポールに本社を置くこのグローバルな気候テックベンチャーは、模範となることを目指して、Amazon Web Services(AWS)と協力して企業の脱炭素化を拡大しています。

        

シンガポール、2023年5月4日:: C気候変動テックベンチャーのTerrascopeは本日、AmazonがGlobal Optimismと共同で設立したThe Climate Pledgeに署名し、2040年までに炭素排出量をネットゼロに削減するというコミットメントを固めたことを発表しました。Terrascopeプラットフォームは、企業が事業運営とサプライチェーンを脱炭素化できるようにすることを使命として、2022年に公開されました。AWSとのコラボレーションにより、世界で最も包括的で広く採用されているクラウドプラットフォームであるTerrascopeは、炭素測定と管理のSaaS(Software as a Service)の提供を世界中の企業に拡大しています。Terrascopeは、The Climate Pledgeに署名することで、ビジネスの成長と炭素削減が両立できることの模範となり、実証することを目指しています。

2022年の立ち上げ以来、Terrascopeは二酸化炭素排出量を測定し、集中的な行動が必要な多くの重要な排出量ホットスポットを特定してきました。同社はすでに、排出量を削減し、事業活動を持続可能性の目標に合わせるために、次のようなさまざまな取り組みを実施しています。

  • IT機器の90%を循環型経済プロバイダーからレンタルすることで、電子廃棄物を削減し、IT機器の寿命を延ばし、使用または再生できなくなったデバイスを適切に廃棄しています。
  • 会社の出張規定に従い、必要不可欠な出張のみに重点を置き、リモートワークや低炭素な出張オプションを推奨します。
  • サーバー使用率の向上、無停電電源供給の取り組み、二酸化炭素排出量削減に向けた再生可能エネルギーの使用など、持続可能性を実現する要素を含むAWSのエネルギー効率の高いクラウドインフラストラクチャにSaaS機能を移行します。

 

Terrascopeは、ネットゼロの取り組みを達成するため、自社の炭素測定・管理SaaSプラットフォームを使用して、厳格な炭素ベースラインと目標設定プロセスを実施します。Terrascopeは、自社のSaaSの脱炭素化機能を活用し、 スコープ3排出量の主要な影響分野を特定します。この排出量は企業の二酸化炭素排出量の大部分を占めることが多い、間接的なサプライチェーンからの排出量であり、最も影響の大きい削減努力を優先します。

TerrascopeがThe Climate Pledgeへの参加を決めたことについて、 Terrascopeの持続可能性責任者であるLia Nicholsonは次のように述べています。「当社はソフトウェア企業として、他の企業が脱炭素化とネットゼロに向けて迅速かつ確実に前進できるよう支援することに重点を置いています。しかし、この誓約は私たちに焦点を当てています。地球温暖化を1.5℃に抑えるには、世界は2050年までにネットゼロを達成する必要がありますが、より速く、より遠くへ進もうと努力する私たちはそうしなければなりません。だからこそ、Terrascopeは、世界目標より10年早く、2040年までにネットゼロカーボンを達成するという野心的な目標を発表するのです。」

Terrascope CEOのMaya Hariは次のように付け加えました。「気候変動への取り組みは、私たちの本質の一部です。私たちは、自らの歩みの早い段階でThe Climate Pledgeに取り組むことで、野心へのハードルを押し上げ、自らの成長に責任を持ち、脱炭素化を企業のDNAに組み込んでいます。私たちは、持続可能な運用に同様に取り組んでいるAWSのようなクラウドサービスプロバイダーと協力して、安全かつ大規模なイノベーションを実現し、世界中の企業顧客向けに脱炭素化ソリューションを開発できることを誇りに思います。」

AWSのASEAN担当マネージングディレクターであるConor McNamaraは、次のように述べています。「TerrascopeがThe Climate Pledgeに参加し、地球に永続的な影響を与える実際のビジネスの変化を直ちに取り入れるのは心強いことです。Amazonでは、より持続可能な未来に向けたイノベーションと投資に取り組んでおり、2025年までに100%再生可能エネルギーでグローバル事業を運営することを目指しています。私たちは、持続可能性の目標を共有するTerrascopeのような気候テックSaaSプラットフォームと協力できることを嬉しく思います。AWSの差別化された幅広さと奥深さにより、Terrascopeがビジネスのイノベーションを促進し、世界中の顧客向けにエンタープライズグレードの脱炭素化ソリューションを強化し、クラウドテクノロジーで独自の脱炭素化目標を達成できるよう支援できることを誇りに思います。」

 TerrascopeのThe Climate Pledgeへの取り組みは、同社の急速な成長軌道と、世界をリードする気候テックプロバイダーとしての地位を確立するための取り組みにおける重要な持続可能性のマイルストーンを示しています。同社は最近、持続可能性諮問委員会の設立を発表しました。また、英国、フランス、スイス、オーストラリア、ニュージーランドを含む新たな市場へのSaaS脱炭素化サービスをさらに拡大および強化するという野心的な計画を立てています。 

 

Terrascopeについて

Terrascopeは、エンタープライズグレードのエンドツーエンドの脱炭素化SaaSプラットフォームです。Terrascopeは、データサイエンス、機械学習、持続可能性の専門知識を組み合わせることで、大企業の事業運営とサプライチェーンの脱炭素化を可能にする一連のデータ、分析、デジタルツールを提供し、スコープ1、スコープ2、そして特にスコープ3の排出量に総合的に取り組んでいます。

2022年6月に正式に発足したTerrascopeは、農業、食品および飲料、製造、高級ブランドから運輸、不動産、公共部門に至るまで、さまざまな分野の顧客と連携しています。シンガポールに本社を置くTerrascopeは、5か国にまたがるチームを擁し、世界的に展開しています。

 

The Climate Pledgeについて

2019年、AmazonとGlobal Optimismは、パリ協定を10年早く達成し、2040年までに二酸化炭素を実質ゼロにするという公約であるThe Climate Pledgeを共同設立しました。現在、400の組織がThe Climate Pledgeに署名し、重要な声明を送っています。これは、炭素排出量の削減に役立つ製品やサービスの需要が急速に増加することを示しています。詳細については、www.theclimatepledge.comをご覧ください。

メディアに関するお問い合わせは、コミュニケーションマネージャーManola De Vos manola.devos@terrascope.comまでご連絡ください。

Back to Blog

Request demo